Yolni株式会社

Yolni株式会社は「夜道の不安をなくす」をミッションに防犯アクセサリー「Yolni」を開発するハードウェアスタートアップです。

事業について

yolni

夜道の安心につながる機能やデザインを提供する、スマートフォン連携の防犯アクセサリー「Yolni」を開発しています。
詳しくはブランドサイト(準備中)や Instagramをご覧ください。

Instagram

ニュースレターのご登録

開発状況や展示会などの最新情報をいち早くお届けします。

Update

開発の背景

夜道の安全を見守る防犯アクセサリー、Yolni(ヨルニ)。アクセサリー型のデバイスがスマートフォンアプリケーションと連携してユーザーの方の安全を見守ります。

防犯というと小さなお子さんに向けたものが主流ですが、Yolniは機能・デザインの両面で、夜道に不安を抱える幅広い世代の方に愛用していただけるサービスを提供します。

現在、2024年を目標に商品化に向けて開発中です。

夜道のひとり歩きの不安と強制わいせつの被害状況

夜道のひとり歩きを不安に感じている人は多く、あるアンケート調査(※1)によると、女性4割・男性2割程度が夜道に不安を感じていることがわかっています。実際、路上で行われる犯罪は夜間に増加しています(※2)。 また、強制わいせつは国内で年に約5000件発生しており、その被害者の74%は13歳〜30代、街頭での発生は42%となっています。(※3)

Yolniは幅広い世代が満足し愛着の持てる製品を目指すべく、プライバシーへの配慮や高い意匠性などにこだわり、日頃から安心を得られる様々なサービスを提供します。

40%
20%

女性4割、男性2割が夜道に不安を感じている
4708件

強制わいせつ発生件数は
年間約5000件
13〜39歳

強制わいせつの被害者の
74%は13~39歳
42%

強制わいせつの42%は
街頭で発生
※1 犯罪に対する不安感等 に関する調査研究 ─ 第6回調査報告書 ─ (公益財団法人 日工組社会安全研究財団/平成31年3月) ※2 刑法犯 罪種手口別 発生時間帯別 認知件数(神奈川県警/平成31年1〜3月) ※3 犯罪統計書 令和4年の犯罪(警察庁)

クラウドファンディング予定のお知らせ

正式販売に先駆け、一足先にお手元に届くクラウドファンディングを2024年夏頃に開始予定です。

開始時期等のお知らせをご希望の方はニュースレターにご登録の上お待ちください。

Instagramでも告知予定です。

開発メンバー

奥出 えりか

Director

矢島 佳澄

Hardware Engineer

植田 えりか

Designer

中井 裕人

Software Engineer

お問い合わせ

現在、Yolniは商品化に向けて鋭意開発中です。
Yolniの導入や販売に関心のある企業様、
学校や自治体様とぜひご一緒にサービスを作りたいと考えております。
また、取材いただける報道関係者の皆様もぜひお問い合わせください。

    この内容でよければチェックをしてから「送信」を押してください

    _